ふと、から続く幸せ

心屋認定カウンセラーえっしー【大阪】日々のこと。気づいたこと。ココロコンサル。

肩書きを名乗る「私はカウンセラーです」

先週末、とある出来事により自分の中での覚悟が決まりました。

 

私、カウンセラーをやります。

 

と、宣言します。

 

とある出来事については今回は割愛します。私にとっては重要な出来事でしたが、書くほどのことでもないので( ̄▽ ̄;)

 

何のカウンセラーかというのもおいおい書いていきます。既にカウンセラーとしての資格は取得しているので、後は腹をくくるだけだったんです。

 

で、腹をくくりました。

 

後はひたすら自分に許可をしていくだけです。

 

「カウンセラーとして収入を得ていい」

 

「対価を受け取っていい」

 

私は「受け取る」ことにブロックがあるんだなぁと改めて気づいたんです。(ブロックは結構はずしてきましたが、まだあります(^^; そしてあってもいいのです☆)

 

今まで、友人や友人の紹介などでカウンセリングをさせてもらっていたのですが、全て無料でさせてもらっていました。

 

それは私がカウンセリングが好きなのでさせてもらえるだけて嬉しいし楽しい♪というのもあったんですが、一方で「私のカウンセリングでお金なんてもらえない」という自信のなさもあったのです。

 

加えて「お金が絡むと関係がややこしくなる」「友人としての関係がなくなるかもしれない」という不安や思い込みがありました。

 

そうなるとは限らないですよね。なのでこの思い込み手放します。(・x・ノ)ノ⌒ポイッ

 

でもって、宣言したとしてこれからどうするか。

 

私は「私がやれることからしかやらない」と決めているので、まずは

 

「カウンセラーです」と肩書きを名乗ることにしました。

 

例えば初めてお会いした人に「何をされている人ですか?」と聞かれたら「カウンセラーです」と答える。とか。

 

自己紹介の際には「カウンセラーをしています」と言う。とか。

 

書類の職業欄に「主婦」ではなく「カウンセラー」と書く。などから始めます。

 

自分でキチンと名乗ることで、カウンセラーであると自分に言い聞かせることができる(自分で洗脳するのです(* ̄∇ ̄*))のと、相手からも「この人はカウンセラーだ」という認識(エネルギー)をもらうことでより自覚を促進させます。

 

と、あれこれ言ってますが、とりあえず「カウンセラー」という肩書きに慣れようということです。

 

しかも、影響のない所から少しずつ言います。ご近所さんとか娘の保育園のお友達のママはハードル高いので後回しです。最大限に自分を甘やかしながら進みます。(´>∀<`)ゝ))エヘヘ

 

「私がカウンセラーやっていいのか」という自信のなさと、受け取りベタな自分としてはまずはここからですな。

 

「私はカウンセラーである」と受け取る所から。

 

これだけでも、結構ドキドキです。相手にどんなリアクションされるのかなーとか…。

 

でもやっぱりカウンセラーをやると決めたので、ドキドキしながら怖がりながらやってみます☆


f:id:essy2222:20170529101008j:image

今日もコールドブリューコーヒーをいただきました。美味しい♪( ´ ▽ ` )