ふと、から続く幸せ

心屋認定カウンセラーえっしー【大阪】日々のこと。気づいたこと。ココロコンサル。

占いをしてもらった

 

今日、パート終わりに近所のショッピングモールへ行きました。

 

オルゴナイト用のパーツを探しに行ったのですが、ほしいパーツはなく、もっと大きなパーツ屋さんに行かなきゃだめかーとぼとぼ歩いていると、「占い」の看板が。

 

1度前を通り過ぎ、なんか知らんけど気になる…( •̅_•̅ )と思いながら本屋へ。

 

DVD付きヨガの本を購入して、やっぱり気になる…( •̅_•̅ )と占い屋さんの前を通り過ぎてトイレへ。

 

いやー手相かー…占いってどうなんだろうなーうーんうーんと悩んだ末、結局占ってもらいました。(自分もカードリーディングするんですがね( ̄▽ ̄;))

 

いかにも占い師!といった感じのおば様に仕事について見てもらいました。

 

まず手相から。(性格とかがわかるみたいです)

 

頑固

プライド高い

自分を曲げない

顔に出やすい

頭がいい(偏差値ではない)

いい時期に結婚した

夫婦仲上々

人気線有り

八方美人

カウンセラー向いてる

財運薄い

晩年穏やか

決断早い

概ね幸せなな相。

 

だそうな。

 

頑固、プライド高い~のあたり合ってます。( ̄▽ ̄)頭がいいとか人気線のあたりはありがたく受け取ります☆

 

続いて生年月日からの仕事運。カウンセラーとして活動していくことについて聞きました。

 

 今年が12年で一番いい年。何か始めるなら今やれすぐやれとっととやれと言われました。

 

焦らなくてもいい。小さなきっかけからでもいいので1歩ずつ進めば良いとのこと。

 

おば様がとっても晴れやかな顔でいうもんだからなんだか嬉しくなりました。がっつり後押しいただきましたよ( *˙ω˙*)و グッ!

 

他に、人のために動く。人との縁が広がっていく。

 

あと、束縛が嫌いでパートやバイトは合わない。カウンセラーのようなフリーで活動する方が向いてるそうです。

 

なんか同じ事つい最近も言われたなぁ(´∇`)アハハ

 

基本、占いとかおみくじなど、自分の計り知れない所から出る言葉は天啓と思ってるのでいい事言われて素直にウキウキしてます( ´ ▽ ` )

 

財運はこれから濃くしていけばよし(๑•̀ㅂ•́)و✧

 

少しずつでも行動していきますよー♪


f:id:essy2222:20170608192900j:image

 

good time ♪

 

那智勝浦旅 その4

 

さて、那智勝浦旅その4。(これでラスト)

 

いよいよ那智の滝へ。

 

飛龍神社の鳥居も趣がありますな。


f:id:essy2222:20170607212634j:image

飛龍(ひろう)という名前もいいですね。後でちょろっと調べてみると、那智の滝大国主命御神体だそうです。

 

思いがけず大国主命に参拝していたのですね。

 

大国主命といえば出雲大社で縁結びが有名ですが、私は勝手に「手放し」の神様だとも思っています。詳しくは「国譲り」でぐぐってね(´>ω∂`)

 

何かを手放して、その空いたスペースに新たなものを得る。そんな神様なのでは。

 

社務所で300円を納めて御滝拝所へ。より近くで那智の滝を見る事ができます。


f:id:essy2222:20170607214327j:image

こちらで「延命長寿の水」をいただけます。神盃を100円で買って飲むことができます、(神盃は持って帰ることができます)持って帰る用の容器も500円であったのですがビンだったのでやめました。(重くなるからね)


f:id:essy2222:20170607212705j:image

大迫力の瀧。

 

迫力のマイナスイオンを浴びながら3人で話したのはお金のことでした。

 

稼いでもいい、と自分に許可するだけ。受け取っていいと許可するだけ。怖くても、こわいまま行動するだけ。

 

できりゃ苦労しないっての。やるけど。

 

那智の滝を堪能したあとはお昼ご飯。写真ないですが、あったかいおうどんとめはり寿司、ごま豆腐をいただきました。

 

結構体を動かしたので、お出汁が染みました。美味しかった( ´ ▽ ` )


f:id:essy2222:20170607212722j:image

食後はお滝もちをいただきました。(詳しくはリンクへ)

 

お店で焼いて出してくれます。(お茶とのセットで220円)おもちやわらか餡子の甘さが丁度いい。お土産に買って帰りました。

 

そんなこんなで那智勝浦旅最高でした。

 

まだまだ書ききれないですが今回はその4でしめます。

 

那智勝浦、正直田舎です。

 

が、とても豊かな所だなぁと心から思いました。

 

豊かな空、豊かな海、豊かな山々、そして豊かな水。

 

エンタメに富んだ神社もたくさん( ´ ▽ ` )

 

あーーーたのしかった!!

 

 

夫の手作り弁当

 

私は料理が嫌いです。

 

以前は「妻たるもの料理ぐらいはせねば、素敵な奥さんにならなければ、それが世間の普通だから」と思い込んで作っていましたが、

 

嫌いなもんは嫌い。

 

というわけで作るのをやめました。

 

料理作るくらいなら市販のお惣菜がいいです。お惣菜美味しいし。

 

食卓はお惣菜が彩ってくれたり、夫が簡単に作ってくれた料理をいただいています。

 

4月から夫が新しい職場で務めることになり、周りにお店があまりないことから、「お弁当持っていこうかな」と言い出しまして。

 

いや、私は作りませんよ。( •̅_•̅ )

 

てなわけで、夫は自分でお弁当を作って持ってくことにしたみたいです。

 

どうせ作るなら娘の分もついでにと思ったのか朝早く起きては2人分のお弁当を作っています。(因みに娘の保育園では給食があります)

 

私は料理をするのが苦なのですが、夫はそうではないようです。なんならお弁当を作るのが楽しくなってきたのか、「(私の分も)作ったろか?」と嬉しそうに言い出したのでお願いしました。

 
f:id:essy2222:20170607102030j:image

 

シンプルですが、彩も良く美味しそう♪

 

夫の手作りというのがなんだか嬉しいです♪( ´ ▽ ` )

 

今日のお昼にいただきます。

 

最近ではお弁当を写真に撮って記録してるみたいです。

 

主夫やな!(゚ロ゚)

 

それにしても、私が苦だと思っていることは人にとっては楽しい事だったりするのですね。

 

なので、苦手な事は克服しようと頑張るのではなく、それをラクにできちゃう人、楽しくできちゃう人、得意な人前に頼んでしまえばいい。

 

代わりに、その人が苦手な事で自分が得意なことはやってあげればいい。

 

デコボコのパズルのピースがぴったりはまるように、物事がすんなり進むのかもなーと思うのでした(●´ω`●)

 

何より感謝が湧いてきますな。

 

ありがたい。

 

 

那智勝浦旅 その3

 

那智勝浦の旅2日目。

 

この日は熊野那智大社那智の滝へ。

 

ちと力尽きてきたのでざざっと写真で振り返り。

 

大門坂をてくてく。お天気にも恵まれて最高の出だし。

f:id:essy2222:20170606215043j:image

穏やかな町並みに心が洗われる。


f:id:essy2222:20170606215058j:image

やがて鳥居が現れます。ここからがご神域なんですな。いよいよ石畳の道へ。


f:id:essy2222:20170606215132j:image

木々の影が心地いい。大きな杉の木を見上げながら進みます。


f:id:essy2222:20170606215347j:image

 大門坂を抜けて熊野那智大社の石段を登る。結構体力いります。鳥居が見えると俄然テンションが上がる。


f:id:essy2222:20170606215219j:image

 鳥居どーん。


f:id:essy2222:20170606215236j:image

境内からの景色。山々の緑が空の青に映えて本当に綺麗。

 

拝殿にて参拝。なぜか拝殿の写真は撮ってないのですよ。石段登りきって安心したのかなんなのか。

 

それにしても常に心地よい風が吹いていました。花窟神社のようにビリビリくる!という感覚ではなく、体全体が清々しさに包まれるような雰囲気。


f:id:essy2222:20170606215550j:image

こちら境内にある大きなクスノキ那智の樟というそうな。樟霊社として祀られていて、中を通り抜けることができます。

 

初穂料300円を収めて護摩木に願い事(宣言)を書いてクスノキの中へ。胎内くぐりと言われているとおり、生まれ変わりを模しているのですね。

 

宣言と共に生まれ変わり、新たに進んでいきますよ。ってなわけで、

 

「私は私を一番に大切にします」

「直感とときめきのまま行動します」

 

護摩木に書きました。

 

(ブログ上でも宣言してみる)

 

これ、めっちゃいいのでぜひ体験していただきたい。やる気が漲ります。

 

熊野那智大社から那智山青岸渡寺へ。(隣接しています)大社から出る時に何とも言えない名残り惜しさがありました。それくらい優しいエネルギーに満ちた場所でした。呼んでいただけたことに感謝。

 

さて、いよいよ那智の滝へ。

 

その4へ続く。

 

※写真はほぼよっかちゃんにお借りしました。

 

那智勝浦旅 その2


那智勝浦旅 その1 - ふと、から続く幸せ

 

↑こちらの記事の続き。

 

神倉神社の後は海へ。


f:id:essy2222:20170606140445j:image

 

裸足になって砂浜へ。

 

海に行くなら何か叫びたいと思っていたのでここぞとばかり色々叫びました。

 

「ありがとうございましたー!」

「私は幸せですー!」

那智勝浦さいこうー!」

「カウンセラーやるぞー!」

「バカヤロー!!」

「コノヤロー!!」

「大好きーー!!」

「愛してるよー!!」

 

人がほとんどいなかったので言いたい放題でした。大声出すのは大変気持ちが良いですな。

 

ベストオブ気持ち良い叫びワードは

 

「お金が儲かってしかたがないー!!」

 

でした。

 

いずれ現実化するでしょう。(`・ω・´)キリッ


f:id:essy2222:20170606140457j:image

 

よっかちゃんが小さな貝がらを拾っていたので、私も娘に貝がら拾ってみました。綺麗でかわいい貝殻がたくさん。オルゴナイトに入れてもいいなぁ( ̄▽ ̄)

 

お腹も空いてきたのでお夕飯へ。

 

JINという居酒屋さんです。どれも美味しくてしかも半個室みたいになっていてたくさんおしゃべりできました。


f:id:essy2222:20170606140514j:image

 

お腹も満たされて、なんと充実しているのだろうと思いつつ本日の宿へ。

 

小さな宿ニーチェ

 

めちゃくちゃ雰囲気のいいお宿です。

 
f:id:essy2222:20170606142135j:image

私が泊まったお部屋。

 

店主の「好き」が詰まった手作りのお部屋。しかも結構広いので、家族連れで来ても楽しいのでは。

 

お風呂(共同予約制)につかって就寝。次の日も盛りだくさんやで。

 

その3につづく。

 

 

嫌いになっても

なんとなく、ふと浮かんだ事をブログに書いてみようかなと、つぶやきカテゴリを作ってみました。

 

てなわけでつぶやき1本目。

 

 

私がどれだけ人を嫌いになっても、その人の価値は変わらない。

 

逆に私がどれだけ人に嫌われても私の価値は変わらない。

 

なら思う存分嫌いになっていいし、嫌われてもいいよね( ´ ▽ ` )

 


f:id:essy2222:20170606123132j:image

先週のスタバにて。キャラメルソースのスマイルいただきました☆ 

 

那智勝浦旅 その1

 

6月3日~4日に1泊2日で那智勝浦へ行ってきました。

 

心屋マスターコース同期のよっかちゃんと、同期のtokkoに会いに行ってきました。

 

新大阪からくろしおに乗り込み電車に揺られること約4時間。思いのほか揺れたのでガチの電車酔いをしながら紀伊勝浦へ到着。楽しみすぎて前日寝れなかったのが原因かと。

 

f:id:essy2222:20170605084330j:image

車内でイノブータンに遭遇。柚香ちゃん(ゆかちゃん)という柚ジュースとジャーキーをいただきました。どっちも美味しい。


f:id:essy2222:20170605084550j:image

車窓から海。

 

紀伊勝浦到着。tokkoと合流。久しぶりの再会を喜びつつ昼食へ。


f:id:essy2222:20170605084601j:image

名物マグロをいただきました。実はマグロあんまり得意ではなかったのですが(特に大トロ)むちむちジューシーでめっちゃ美味しかったです。あっという間に完食。

 

お腹が満たされたところで今回一番私が行きたかった所へ。(tokkoが車を出してくれました。ありがとう)


f:id:essy2222:20170605084444j:image

花窟神社(詳しくはリンク先へ)

 

古事記の国生みの母、イザナミノミコトのお墓ともいわれている場所です。鳥居をくぐる前から雰囲気むんむんです。よっかちゃんの事前情報により裸足で境内へ。参道の石畳の冷たさと境内の細かな砂利が足裏に心地よい。

 

そしてご神体の前へ。とにかく圧倒されました。背中がびりびりして若干涙腺にもくるぐらいの「何か」があります。今まで参拝したどの神社よりも異質。巨大な磐座を前に口から出た言葉はただただ「すごい」でした。

 

ウチの鎮守様がイザナミノミコト様でよく参拝をするので、いつか行こうと思っていた神社です。場所柄呼ばれないと行けないとも言われているので、今回呼んでいただけたのは嬉しい。

 

なんとも言えぬ雰囲気により、境内とご神体の写真は控えました。畏怖の念とはこういうことを言うのか、と思いつつ神社を後に。


f:id:essy2222:20170605084640j:image

次に向かうは花窟神社の対になっているらしい神倉神社へ。実はこの神社もこの旅行が決まった早い段階で行きたいなーと思っていた神社でした。

 

画像ではわかりにくいかもしれないけどかなり急な石段を杖片手に登ります。途中振り返ると本気で怖い。くらいの急な坂。


f:id:essy2222:20170605085208j:image

 なんとか登りきって到着。こちらの御神体も大きな磐座です。ガイドのおじさんが写真撮ってくれたり神社の由来(がんばって聞いたけど所々しか理解できなかった)を教えてくれたり。

 

急な坂を登ってきただけあって見晴らしがとても良かったです。

 

さて。

 

登ったなら降りねばならぬ。


f:id:essy2222:20170605085250j:image

 

石段なのでしっかり足をつけないと滑る恐れあり。お尻をつけながらジリジリと降りました。

 

なんというか、めっちゃ楽しかったです。普段インドアなので、行く先に神社がなければこんな急な石段登ることも降りることもなかったと思います。

 

わいわい言いながら石段を降り、途中木々に目を向け、漂う花の香を嗅ぐ。最高。

 

やっぱり神社はエンターテインメントやで。

 

その2に続く


※写真はほぼよっかちゃんからお借りしました。